Drag-Free Drifts

役目を終えたFLY達

d0016085_23212278.jpg

メモリアルになるフライとは裏腹に(こっちの方が圧倒的に多いのですが)、今年の3月の解禁から6月まで使ったフライがこのビンに詰め込まれている。数を数えてみたら約180本ほど入っていた。

釣りをして「魚が釣れたフライ」、「何度かキャストしてフライパッチに収まったフライ」、「枝に刺さったフライ」、「根掛かりでぼろぼろになったフライ」、「針先の曲がったフライ」、「バランスの悪いフライ」、「昔巻いてこれから先使わないフライ」、「錆びてしまったフライ」…など大小さまざまを放り込んできたが、皆さんはどうしていますか?

過去にはマテリアルをほどいてフックの使えそうなモノを分けたこともこともあったが、時間もかかるし一度使ったフックは信頼出来ないのでやめてしまった。やっぱりシーズン終了に供養するのがいいんでしょうかね。
[PR]

by light_cahill | 2005-08-24 23:36 | flyfishing
<< Golden Doctor メモリーフライ「Aquamar... >>