Drag-Free Drifts

#3 Fly Box 「RICHARD WHEATLEY」

d0016085_17183552.jpg

今回は私の大好きなフライボックス「RICHARD WHEATLEY」をご紹介します。フライを始める以前に綺麗だなと何となく買ってしまったのが、10コマのコンパートメントとフラットフォームのドライフライ用。フライを始めた当初は重たく、使いにくいので飾りになったままでした。ここ数年渓流のドライ以外にも湖、海、本流などストリーマーやウエットなどを使う機会が増え、色々なボックスを使ってきたが、「ウェットは絶対にホィットレーが一番!」です。まず、フライの見やすさ(フライがフラットに並び見やすい)、出し入れの使い勝手、アルミのシルバーがフライを際立たせる。スイングリーフで大量に収納できる。大きさも揃っているので釣りの目的によって組み合わせがきき収納に便利。などなど、重いけれど2個もあれば十分である。さっき数えてみたら色々な種類全部で12個所有していました。機能性や軽さを重視したデザインのかっこいい商品が巷に溢れていますが、やっぱり優れた商品は歴史が証明してるってことでしょうか。
[PR]

by light_cahill | 2005-04-13 00:24 | Favorite Goods
<< 雪代ガンガンの魚野川 このブログ初。釣行編 長野県犀川本流 >>