Drag-Free Drifts

imagine 

1980年12月8日…
ご存じあのロックの神様ジョン・レノンの命日である。
早いもので25年が過ぎ去った。
その日、信じられない!信じたく無い思いでニュースを見ていた。
それからしばらく肉親を失ったような時間を過ごした。
ビートルズ時代から彼のメロディーラインの美しさに感動し、
ロックンロールのリズムで身体は踊りだしていた。
多分リリースされているほとんどのアルバムを持っているはず。

亡くなる数年前に六本木交差点で
レノンとヨーコと偶然すれちがった。
お忍びで日本に来ていたんだと思うが、
地味なカッコウで目立たなかったので
回りで気が付いた人は誰もいなかったのを覚えている
アッ!と言う間の出来事で声もかけられなかった。
d0016085_02452100.jpg

亡くなった翌年にニューヨークを訪れ、
まっ先にあのダコタハウスの前に駆けつけ冥福を祈った。
半年以上すぎていたが私だけでなく、ひっきりなしにフアンが献花していた。

最近、20〜40才代にジョン・レノンが再び人気があるらしく、
アルバムが売れていると、ニュースで見かけた。
レノンの一番好きな曲の投票でイマジンが第一位だったとか。
名曲は時代を越える証である。

写真は初めて訪れたニューヨークの風景(中央はエンパイアステートビル)。
撮った場所は今はもうない
あのワールドトレードセンターの屋上展望台である。合掌
[PR]

by light_cahill | 2005-12-08 00:25 | Music
<< フライフィッシングフェスタ2005 「ニューデザインパラダイス作品展」 >>