Drag-Free Drifts

ヘボヘボ会の釣り

12月17日(土)
森のフィッシュ魚ッチング
の要さんからお誘いをいただき、
栃木県のレイクウッドリゾートでのヘボヘボ会の釣りに行ってきました。
当日は2〜3日前から日本列島に寒波が押し寄せ、
日本海側では12月の積雪量の記録が塗り替えられていた。
関東地方では気温は低いが快晴の肌寒い日となった。

8時頃に着けばいいかなと6時30分に出発。
高速道路を走っていると外気温マイナス4度と表示されていた。
現地に着くとポンドにはたくさんの釣り人が並んでいたので、
ちょっとビックリ。

受付けをして、知来さんのグループはどこにいますか?
と聞いてみると、「あちらの10人ほどのグループで〜す。」
と教えてもらい、探す手間が省けてよかったなと。
(知来さんはきっとここの常連ですよね?)
行ってみると、イラストで紹介されていたペレットカラーの
服装できれいなキャスティングをされていたので、すぐに分かりました。

初めてお会いするブロガ−のかたに要さんから紹介してもらいご挨拶。
私は要さんのコメントで湯川でUFOの写真を記事にした人で、
認知されていました(微妙?)
d0016085_1558553.jpg

左から要さん、
キャンプとFFビギナーの日記
のdadlifeさん、(新しいタックルで快調に釣り上げていました。)

すでに8時30分。要さんはもう7尾。
他の方も5〜6尾と順調な様子。
私はシンキングリーダーにまずはソフトハックルを結び、
リトリーブから始めた。魚は追い掛けてくるがフッキングしない。
困った時のシルバーマーチブラウンWETに変えるが同様。
小さめのウーリーバガーでやっと掛かるがすっぽ抜け。
この時点で要さんは10尾。(ヘボヘボなんて名ばかりの名人じゃん!)
焦ってなんとか一尾釣りたかったので、
ニンフ(ペレット系フライ)を結びキャスト。
リーダーが水中に引き込まれ、合わせるとヒット。
最初はニジマスの30cm。
その後そのシステムで6尾釣ったのだが、飽きて来た。
水面を見ると、(多分ユスリカの捕食だと思う。)
ときどきライズしてるので、
CDCユスリカピューパで数釣りはあきらめて
マッチザハッチに切り替える。
見に来るけど引き返すので、
最初にティペットを6xからフロロ8xに落としてみる。
効果的面でフッキング。
d0016085_15591149.jpg

数は釣れなかったがそこそこ楽しめたかな。
昼飯でみなさんとご一緒して1時間ほどで納竿。
最後までみなさんと付き合いたかったのですが、
東京で夕方から忘年会がありお先に失礼させていただいた。
当日お話もあまりできませんでしたが、
参加されたみなさん楽しいひととき、ありがとうございました。
[PR]

by light_cahill | 2005-12-19 16:02 | flyfishing
<< MOON CALENDAR 日本の形。SUSHIの正しい食べ方? >>