Drag-Free Drifts

「フライの鉄人ver.#1」Nantonaku Sai-River 

今日は長野県を流れる犀川をイメージした
スペイフライ「Nantonaku Sai-River」です。
d0016085_2335186.jpg

このフライは私のオリジナル(お遊び)であります。
と言うのも、今日はフライを巻くぞとマテリアルを用意して、
巻きたいフライを洋書やタイイングブック、ネットの海外サイトあたりから
これ!と2っばかり決めてスタートするんですが、
4本くらい巻くと集中力が切れて、
コーヒーブレイクします。
特にウェットフライはバランスが大切なので
誤摩化しがきかないので、中々巻けないことも。
がんばって後3本くらい巻けることもあるんですが、
他の毛針が巻きたくなってしまったり、浮気心がでてきます。

そんな時に私が実践しているのが、
「フライの鉄人」。(勝手に名前付けてます)
フライといっても、油をフライパンに入れて揚げ物(海老フライ)をする訳ではありません(笑)。

料理の鉄人という番組がありましたが、それを真似して始めたんです。
フックとマテリアルを適当に選んで、
「今日のマテリアルはピーコック!」と(魚にとっての食材)テーマを決めて、
今までに無いフライをオリジナルで料理(創作)するのです。
基本的に実践的な釣るためのフライであること。
後バランスが良くてきれいであること。
時間は番組ではないので無制限?
巻くのは一本限りで勝負する。

もちろん判定は釣れたら勝ちなんでしょうが、
今まで現場で記録を取っていないので、負け続けかも?
後から見れば失敗作は数知れずですが(笑)。

これを初めてから、自分なりにアレンジしたり
マテリアルの取り付け方、バランスの取り方などが
遊び感覚で覚えられたような気がします。
結構楽しいので、タイイングの合間にお薦めします。

*注意(これをメインにすると逆にストレスになるのでやめましょう。)

今回のお題は「オレンジスペイハックル」
犀川をイメージして巻きましたが、いかがでしょうか?
[PR]

by light_cahill | 2006-01-10 23:59 | flyfishing
<< King of Alexandra Uono_Baby Ayu >>