Drag-Free Drifts

Hook of demon! 

これから解禁に向けてフライをタイイングされている方
フックを変えるだけで、あなたのフライは何倍も釣れるようになる。
今日はフックについてお話を。
d0016085_2314325.jpg

アップで撮影したのできれいに見えないのはお許しを!
コカゲロウのパターンで「スルーウイング・イマージャー」
フックはTP77#18。

ご存知の方も多いと思うが、杉坂研治氏の開発された
究極の「悪魔のフック」と呼ばれるTPシリーズである。
このフックは現在#32〜#14が市販されているが、
2月に#12と#10が追加される。
さらにTP88シリーズが今年リリース予定。

私はこのフックに出会ってから、ミッジングからメイフライの釣りで
バラしが減った!ような気がする。
通常のミッジフックを手に取って確認されれば分かると思うが、
同じ形状のシリーズを縮小したものがほとんど。
ゲイプも狭く、ワイヤーも太く、アイも大きいはず。である。
(全てを確認した訳ではないので間違ってたらごめんなさい)
d0016085_23155733.jpg
(写真は魚の目線から見たフライ)

今までのフックを使った釣りは、
浮かせるためにマテリアルを工夫したり、
高性能フロータントを施したりしても
フックの重さで沈みやすく、魚に警戒されやすいと思う。
ゲイプが狭いとフッキングは驚くほど悪くなるし、
太いワイヤーはフライを大きく見せてしまうなど、
デメリットだらけなのである。

このTP77が発売されてから、最近各フックメーカーが模倣して
細軸のフックを慌てて発売しているが、
ちゃんとした理論にもとづいて設計さてているのは
TPシリーズだけのようである。

もしもこれからタイイングを始める人、
解禁で自分だけがこっそり爆釣したい人は
このフックを騙されたと思って使ってほしい。
フックを変えるだけでミッジの達人まちがい無し!

私の解説では伝わらないので、
もっと詳しい理論は下記のサイトで確認を!
TP77が釣れる秘密
[PR]

by light_cahill | 2006-01-17 23:20 | flyfishing
<< Open 2 Seater Biot Hackle Sta... >>