Drag-Free Drifts

♫中央フリーウェイ 2006♪

18日土曜日、前日の仕事がうまく片付いたので家に帰り釣りの準備。
いつもの解禁前と同じく早めに就寝するが、寝付けない。
ウトウトしながら目覚ましのベルで2時50分に起床して、
荷物を車に積み込み、コンビ二によって朝飯、飲み物、昼飯など
必要なものを購入。そして3時15分に首都高速の入り口に入り
余裕で ETCの深夜割引のアナウンスを聞く。

まだ、眠った都心を横切って新宿方面に走り、中央自動車道に入る。
府中付近を通過中に車から流れて来た曲はなんと、
松任谷由実の中央フリーウェイ!
iPODを接続してシャッフルで聞いていたので(6,000曲収録してある)、
なんたる偶然だろうか?これは今日はなんだかいい事ある予感!
府中競馬場、サントリーのビール工場を通過しながら口ずさんでいた。

忘れていたが、めざすは16日に解禁した長野県の犀川。
今日は解禁三日目の土曜日なので、早く行かないといい場所に入れない。
山梨県に入るとルーフキャリアにスノーボードを乗せた車が同じ方向に
何台も向かっている。なにも積んでいない車はみんな釣り人の車?に見えてしまう。
d0016085_21445322.jpg
今年はここから始めようと考えていた場所に5時30分に到着。
薄らと空が白み始め周りを見ると4台の車があり、川には6人ほどすでに立ちこんでいる。餌釣り3人、ルアー2人、フライ1人。
慌てて準備するが、氷点下の気温でなかなかはかどらない。
フライの人はどこかに移動していったが、他の釣り人は釣り下ったりしないで
同じ場所を10数メートル移動するだけで場所が空かない。
ここから入るのは無理と判断して100メートル下流から入る事にする。

川に入る前に気ままにキャストのflymagic akaさんが以前書かれていた「川に入る時に一日遊ばせてもらう事に感謝して一礼する」というのを実行。
さあ、今日も楽しく一日を遊ぶぞ!と川に立ちこむ。
ロッドは15.6ft #9〜11のスペイロッド。アトランティックサーモン用のタックルで血迷ったかと思われるかもしれないが、毎年犀川の解禁当初は60cmアップの大型魚が釣れるのである。ここから数キロ下にダム湖があるのでそこで育った魚が遡上してくると思われる。

最初の数投で根がかりが頻発。シンキングリーダーがtype6、それに今年から沈みやすいように、インターチェンジャブルのミドルセクションにコンペンセイターを接続したのと、重いウォディントンフライなので流速が遅く水深も浅いので当然の結果。川の中でtype3で組み直す。ところがその時リールを水に浸けてしまったらドラッグが効かなくなった。ギアが凍結したのである。ガイドも数投ごとに氷を水面で溶かしながらのキャスト。そんな事をしながら1時間、釣り下るが魚のアタリは今だ無し。

今日のスペイキャスティング実は昨年の6月以来だから実に8ヶ月ぶり。何とかなるだろうとキャストしたら、シングルスペイができなくなっていた。(激ヤバ!)そこで今日はスナップTでなんとかしのぎ、重いフライだと飛ばなくなるのでペリイポークでキャスト。まだシーズン初めなので練習実践の釣行が続きそうである。
d0016085_21453275.jpg
山から太陽の光が川面に差し始めるたその時、突然その瞬間が来た。
ラインがスイングしている時グッグッと押さえ込まれるアタリを感じた。ラインを少し引き合わせを入れると下流で首を振る動作が伝わってくる。それほど大物ではなさそうだが、慎重にロッドを岸側に倒してやり取りをして寄せる。
ネットインしたのは写真のレインボートラウト42cm。
湖沼型のレインボーらしくポッコリお腹が愛嬌がある。
レッドバンドが無くなって銀化しているのかな?レインボーだと思うけど?
引きが強く感じたのは体重オーバーのせいかな?お腹の中には小魚がぎっしりなんだと思います。来年には50cm〜60cmに成長してね、と写真撮影後にリリース。その間水に濡れた部分はすべて凍結。仕切り直して同じ場所からリスタートすると10分後またもや38cmのレインボーを釣るが同じような魚だったので、撮影なしでリリース。
その後、フライを先日アップしたSTINGRAYチューブに変更して釣り下る。
すると今までの2尾とは違う大物のアタリが来た。下流で何度かジャンプして
ちょっと強引にやり取りをしてしまう。ネットを用意してランディング寸前にバレてしまった。50cmはあったと思われるレインボーに唖然!周りを見ると上流にいたルアーマンが見ていたらしく、残念でしたねと声をかけられる。

時間はすでに11時に近かったので、車に引き上げ休憩。
朝早く釣りを開始したので買っていなかった入漁券の年券を
地元の釣具屋さんに買いに行く。昨年は黄色だったが今年は空色の腕章。
今年もお世話になります。
まだ雪が残るアルプスの山々を見ながら、お昼を河原でお湯を沸かしてのんびり過ごす。午後は川を見て車を移動するが釣り人が入れ替わり立ち代わり入っているので釣る場所が無い。なんとか見つけた場所も盛期なら魚が付きそうな荒瀬しかなかったが、2時間ほどやってみたが何の反応も無い。
私の解禁は2尾ランディング。まずまずのスタートに感謝して川に一礼して終了。
長くなりました、最後まで読んでくれた方に感謝です。
[PR]

by light_cahill | 2006-02-19 21:49 | flyfishing
<< 春の北アルプス 事前に確かめなくっちゃ!ネ。 >>