Drag-Free Drifts

カテゴリ:Favorite Goods( 6 )


Compact Photo Printer

CANONから発売されているCompact Photo Printer
SELPHY CP710 を購入した。
d0016085_17134472.jpg

このプリンターはサイズわずか17.8×13.1×6.3cm、980g。
と超コンパクト。Lサイズからワイドサイズ(100×200mm)までプリントできる。
コンピュータと接続してのプリントはもちろん、
各種メモリーカードから印刷したり、カメラに直接接続して印刷できる。

試しに先日のフライの画像を何枚かプリントしてみたんですが、
実にきれいにプリントできたので、満足!!

デジカメで撮ったデータをLサイズくらいでプリントして、
整理しようと興味半分で購入したのだけれど、
高画質でリーズナブル、
しかも場所をとらないのが気に入っちゃいました。
今年は釣りの遠征に行く時には、持っていつて仲間たちと
釣った魚の写真を肴に楽しめそうですね〜。
別売りのバッテリーアダプターを買えば、電源が無くてもOK。
このCP710の上位機種にしようか迷ったが、
大きさと重さが持ち運びに不便そうだったのでこれに決めた。
[PR]

by light_cahill | 2006-02-01 17:52 | Favorite Goods

触れずに測れる非接触温度計

d0016085_2331551.jpg
今日は9月20日、栃木県は今日から来年3月まで禁漁になる。昨年は鬼怒川で最終日に大ヤマメを狙って朝から夕方までダブルハンドをキャストしていたのが、つい昨日のよう思い出せる。釣果はフッキング直後のバラシが2回であったが、秋と言うより夏の気配がまだ川に残っていたのを覚えている。
色々な河川も9月で禁漁となるこの時期。最後にいい釣りをしたいと毎週情報を集めている方も多いと思うのですが、いかがですか。10月には私も釣りができる体になると思いますので、しばらく釣りの報告はお待ちくださいませ。
それまでのつなぎに便利なグッズを紹介します。釣りをするとき水性昆虫のハッチの状況を判断するのに欠かせないのが水温計。私も今まで普通の水銀を使ったものや、デジタルのものなど使いましたが水にある程度浸けないと温度が計れませんでしたが、今年の春に購入した触れずに測れる非接触温度計「 OPTEX 」はすごいんです。
計りたい物にセンサー部を向けてボタンを押しただけで、瞬時に温度が表示されるんです。それも水温を計る場合、水に浸けなくても計れてしまうのです。物体の表面から放射される赤外線のエネルギー量を温度に換算する放射温度計で-10度から100度まで0.5度単位で測定できます。
解禁で吹雪の蒲田川では外気温が零下でしたが、水温は12度と濡れずに計れたし、阿寒湖では湖の水が強い東風で撹拌され翌日には6度も下降したりと状況判断に十分役にたちました。
最近はワンプッシュして部屋の温度を計ったり、体温を計ったりして遊んでます。
P.S.注意/防水されていないので、そこだけがマイナス点ですけど。写真の温度表示は現在の部屋の温度です。
[PR]

by light_cahill | 2005-09-20 00:02 | Favorite Goods

JETBOIL(ジェットボイル)

d0016085_22404228.jpg私は釣りに行った時、休憩時間にコーヒーを飲むのを楽しみにしている。一人で釣りに行った時などは朝食をして5時に川に入ったとして、気がつくとあっという間に時間が過ぎて、9時とか10時なんてざらで、釣れないとそのまま12時過ぎなんてこともある。そんな時、冷静になるのにコーヒーを飲んでリラックスしたり、その後の釣りを考えたりと役立っている。

昨年まで釣りに行った時に、コーヒーを飲むのにコールマンのオイルバーナーや、キャンピングガスのバーナーなどでお湯を沸かしていたのだが、風が強かったりすると火力がポットから逃げて沸騰するのに5分以上時間がかかっていた。(どちらも年季が入ってカッコイイのだけど)

そんな時海外アウトドアのネットショップで「JETBOIL」をみつけた。「コンパクトで特殊なバーナー構造で熱が外に逃げないのでお湯が早く沸く」と書いていたので気にかけていたのだが、昨年はまだ日本には未入荷でそれだけをオーダーすると結構値段も高いので躊躇しているうちに忘れてしまった。


今年の春、モンベルが「JETBOIL」を日本で発売したのを知り、早速購入してみた。250mlの水(カップ麺約1杯分)を約100秒で沸かせる、(専用クッカーは500mlで約2分で沸騰)これまでにない簡単便利なアウトドア用調理器具「ジェットボイル」。それに写真のように専用ガスカートリッジ、バナー本体を分解してクッカーに収納できるので、持ち運びも軽くて便利。d0016085_22421149.jpg

早速解禁後、コーヒーを飲むのに沸かしてみると異常に早く沸騰。ドリップコーヒーがあっという間にできてしまった。今後専用のゴトクも発売されるらしいので、簡単な料理もできるので楽しみです。これ絶対お勧めです。
[PR]

by light_cahill | 2005-08-28 22:43 | Favorite Goods

#4 Fly Reel 「HARDY THE "PERFECT" 3 5/8"」


d0016085_1714552.jpg

今回はフライフィッシャーなら知らない人はいないであろうENGLAND HARDY BROSのフライリールTHE "PERFECT" 。2年前ヒゲナガの釣りを本流で優雅に楽しむためにバンブーロッドWハンド12ft.#6-7をオーダーして、最初はSAGE MODEL5400で釣りをしていたのですがRODに合わないので、次にHARDY BOUGLEをチョイス。しかし音が今一つで、クラッシックなボーモーリンに変えたのですがちょっと重くバランスが悪い。そこでオークションを半年ほどチェックしていてやっと傷も少なく、価格もリーズナブルな"PERFECT" 3 5/8"を落札。WF7Fラインで何度か使ってみると、これが抜群に相性がよかったのです。それほど大物を釣った訳でもないのですが、今では私のリールコレクションのベスト3に入るリールです。瑪瑙リングも美しく、回転音も上品でトラブルも少ないシンプルで機能的な使い心地はさすがにリールの完成された姿、まさに"PERFECT" 。
[PR]

by light_cahill | 2005-04-21 22:29 | Favorite Goods

#3 Fly Box 「RICHARD WHEATLEY」

d0016085_17183552.jpg

今回は私の大好きなフライボックス「RICHARD WHEATLEY」をご紹介します。フライを始める以前に綺麗だなと何となく買ってしまったのが、10コマのコンパートメントとフラットフォームのドライフライ用。フライを始めた当初は重たく、使いにくいので飾りになったままでした。ここ数年渓流のドライ以外にも湖、海、本流などストリーマーやウエットなどを使う機会が増え、色々なボックスを使ってきたが、「ウェットは絶対にホィットレーが一番!」です。まず、フライの見やすさ(フライがフラットに並び見やすい)、出し入れの使い勝手、アルミのシルバーがフライを際立たせる。スイングリーフで大量に収納できる。大きさも揃っているので釣りの目的によって組み合わせがきき収納に便利。などなど、重いけれど2個もあれば十分である。さっき数えてみたら色々な種類全部で12個所有していました。機能性や軽さを重視したデザインのかっこいい商品が巷に溢れていますが、やっぱり優れた商品は歴史が証明してるってことでしょうか。
[PR]

by light_cahill | 2005-04-13 00:24 | Favorite Goods

#2Tying Vise 「DYNA-KING Side Winder」(Pedestal)

d0016085_17122317.jpg

タイイングに欠かせないバイス。フライをはじめて色々なバイスを使ってきたが、どれも満足できるものが無かった。5年前にソルトフライをタイイングする機会があったとき回転する機構がほしくなり、フライショップでダイナ・キングのバラクーダを検討していた時サイド・ワインダーに出会った。ベアリング入りの回転部分はドラッグ機構付き、シルキーな回転と強力な固定力が特徴で、ブラス・パーツを多用した美しいデザインと優れた機構に一目惚れ。
一番高価なバイスを手に入れれば、もう浮気はしないだろうと思いきって購入。やっぱりいいバイスは巻きやすく、効率がいいので疲れないのです。仕上がりが良くなるかは、保証できませんが…。
[PR]

by light_cahill | 2005-04-08 19:29 | Favorite Goods