Drag-Free Drifts

<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


スペイキャスティング


d0016085_17135339.jpg

最近フライの話題からちょっと脱線したので、ここらでフライのお話です。5年前に杉坂隆久さんが北海道や寒河江川でウエットフライででかいニジマスを釣っている番組を見て、これだ!と思い、10ftのウェットロッドを購入。フライも巻いて、いざ寒河江川に挑戦したら、でかいニジマスが結構釣れてハマッテしまいました。
それまではドライがメインで、マッチザハッチや釣り上がり、イブニングを楽しんでいたのですが、釣りに行っても土日の渓流は人だらけ、さらにスレているから釣れない。ちょっと欲求不満だったころにウェットを知ったことで中流域や本流でも結構釣れるんだと幅が広がったというか。
さらに広範囲を探れるWハンドのオーバーヘッドも始めたのですがバックスペースに気をつけないとトラブルばかり、そんなとき岡田裕師さんのスペイ番組を見たのがきっかけで何度もビデオを見て、またもやロッド・リール・ライン・ファッションまで揃えて独学で2年前にスペイを初めてしまった。最初はキャスティングができず、途中からオーバーヘッドで釣りしたり、一日ふり続けて肩が痛むほどでしたがたまに釣れていたから(釣れると30cmオーバーが結構釣れるんです)継続できました。キャスティングが上達しないので、野寺さんの入門書を何十回読み返し、DVDのレッスンを何十回みて釣り場に向かうのですが川に立つと上手く行かず。その日の釣りが終わる頃になると力が抜けて上手くシュートできるようになっている状態で昨シーズンを終了。11月に岡田裕師さんのスペイキャスティング教室に参加して、一連の動作など間違いが解り眼から鱗でした。今シーズンスペイでは4回釣りして3勝1敗。今年はオーバーヘッドしなくて釣りになりそうです。
[PR]

by light_cahill | 2005-04-25 23:42 | flyfishing

#4 Fly Reel 「HARDY THE "PERFECT" 3 5/8"」


d0016085_1714552.jpg

今回はフライフィッシャーなら知らない人はいないであろうENGLAND HARDY BROSのフライリールTHE "PERFECT" 。2年前ヒゲナガの釣りを本流で優雅に楽しむためにバンブーロッドWハンド12ft.#6-7をオーダーして、最初はSAGE MODEL5400で釣りをしていたのですがRODに合わないので、次にHARDY BOUGLEをチョイス。しかし音が今一つで、クラッシックなボーモーリンに変えたのですがちょっと重くバランスが悪い。そこでオークションを半年ほどチェックしていてやっと傷も少なく、価格もリーズナブルな"PERFECT" 3 5/8"を落札。WF7Fラインで何度か使ってみると、これが抜群に相性がよかったのです。それほど大物を釣った訳でもないのですが、今では私のリールコレクションのベスト3に入るリールです。瑪瑙リングも美しく、回転音も上品でトラブルも少ないシンプルで機能的な使い心地はさすがにリールの完成された姿、まさに"PERFECT" 。
[PR]

by light_cahill | 2005-04-21 22:29 | Favorite Goods

雪代ガンガンの魚野川

d0016085_17164612.jpg

4月16日に魚野川本流に行ってきました。朝、高速を走っていると気温表示は3度とまだ雪国の春は進行が遅いようです。小出の出口より魚野川に向い川を眺めると、橋の近辺は川になんとか下りられるのですが、土手にはまだ1メートルほど雪があるので車では走れない状況。小出より下流の左岸にやっといい場所を見つけ雪をかき分け川までなんとか下りて#10-11のスペイロッドにストリーマを結び、いざ川に入るが雪代による増水でかなりの水深。シングルスペイとスナップTで釣り下るが根がかり、ゴミなどばかりで肝心の魚の反応はゼロ。500メートルほどを気が付けば5時間もかけ、なんの生命反応すらないので昼飯。その後上流方面に移動しながらいくつかの橋の前後でロッドを振るが反応無しで六日町近辺まで移動して4時になっていた。高速道路下に急流とゆるい流れの魚の溜まりそうなポイントを発見。対岸で河川工事をしていたので右岸をスネークロールで釣り下るとアタックが二回あり期待したのですが、その日は終了。こんな雪代ガンガンの日、普段なら釣りする気もおこらないだろうけど、せっかく3時間もかけてきたので、駄目もとで釣りをしました。本流での釣り人は、餌釣り師2人、ルアーマン2人、フライマン1人を見かけただけでした。今年5回目の釣で初ボウズでしたが今までが調子良すぎたなぁと、システムやらフライなど次回の作戦を考えながら湯沢でのんびり温泉に入り帰途につきました。



昨年の4月17日に訪れたときは雪代も少なく、さくら満開!新緑の始まりで春爛漫だったのですが、昨年が異常気象だったのですね。上の写真が今回撮ったものですが、昨年と同じ場所の写真が、このブログの最初の記事にあるので見比べると季節の進行がよくわかります。
d0016085_1717222.jpg


雪代の治まった直後が狙い目だと思いますが、私には予測がつきません。どなたか河川状況が分かる方ご連絡いただければ、幸いです。

普段は花粉症の重症患者なので外出にはマスク、薬、目薬が当たり前なのですが、釣り場でマスクは格好わるいので外し、薬も車の運転で眠くならないように呑まず。(雪がこんなにあるから杉も開花が遅れてるだろうなんて素人判断)昼に大量に花粉を吸い込んでおり、帰りの車では鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ、涙。挙げ句は鼻のかみすぎで耳が聞こえなくなるわで、ノロノロ運転で帰宅。その夜も症状は治まらず眠れずで大変な一日でした。連休明けまで釣りは自粛であります。
[PR]

by light_cahill | 2005-04-18 13:43 | flyfishing

#3 Fly Box 「RICHARD WHEATLEY」

d0016085_17183552.jpg

今回は私の大好きなフライボックス「RICHARD WHEATLEY」をご紹介します。フライを始める以前に綺麗だなと何となく買ってしまったのが、10コマのコンパートメントとフラットフォームのドライフライ用。フライを始めた当初は重たく、使いにくいので飾りになったままでした。ここ数年渓流のドライ以外にも湖、海、本流などストリーマーやウエットなどを使う機会が増え、色々なボックスを使ってきたが、「ウェットは絶対にホィットレーが一番!」です。まず、フライの見やすさ(フライがフラットに並び見やすい)、出し入れの使い勝手、アルミのシルバーがフライを際立たせる。スイングリーフで大量に収納できる。大きさも揃っているので釣りの目的によって組み合わせがきき収納に便利。などなど、重いけれど2個もあれば十分である。さっき数えてみたら色々な種類全部で12個所有していました。機能性や軽さを重視したデザインのかっこいい商品が巷に溢れていますが、やっぱり優れた商品は歴史が証明してるってことでしょうか。
[PR]

by light_cahill | 2005-04-13 00:24 | Favorite Goods

このブログ初。釣行編 長野県犀川本流

d0016085_17202780.jpg

昨日長野県犀川に釣りに行ってきました。スペイフィッシングで犀川橋より釣り下りましたが、午前中はあたりはあるもののフッキングまではなかなかいかない状況。場所を下流に移動してリスタート。緩い流れでスイング中にヒット!グッと押さえ込まれ中々ランディングできませんでしたが、なんとかネットイン。最初の一尾は幅広ヒレピンの38cm岩魚くん。その後何度かバラシていると上流よりフライマンが釣り下ってきていたので、万水川合流付近まで移動。釣り始めて30分頃ドロッパーのロイヤルコーチマンに32cmの銀化したニジマスが釣れました。その後雪代が入り始めたので終了。


タックル スペイロッド15ft #7-8
ライン RIOミッドスペイ(先端15ftでカット、シンキングリーダー15ft接続+ティペット2Xフロロ4m)
ヒツトフライ ダークグリーンのスルーボディーストリーマ#8、ロイヤルコーチマン
d0016085_17204079.jpg

[PR]

by light_cahill | 2005-04-10 21:56 | flyfishing

#2Tying Vise 「DYNA-KING Side Winder」(Pedestal)

d0016085_17122317.jpg

タイイングに欠かせないバイス。フライをはじめて色々なバイスを使ってきたが、どれも満足できるものが無かった。5年前にソルトフライをタイイングする機会があったとき回転する機構がほしくなり、フライショップでダイナ・キングのバラクーダを検討していた時サイド・ワインダーに出会った。ベアリング入りの回転部分はドラッグ機構付き、シルキーな回転と強力な固定力が特徴で、ブラス・パーツを多用した美しいデザインと優れた機構に一目惚れ。
一番高価なバイスを手に入れれば、もう浮気はしないだろうと思いきって購入。やっぱりいいバイスは巻きやすく、効率がいいので疲れないのです。仕上がりが良くなるかは、保証できませんが…。
[PR]

by light_cahill | 2005-04-08 19:29 | Favorite Goods

スルーボディー・ストリーマ

d0016085_17215642.jpg

今日はスルーボディー・ストリーマーをタイイング。このフライは杉坂研治氏の考案された海アメ用のストリーマですが昨年、魚野川の本流でニジマスに効果のあったものです。ドロッパーに黒系の#6、リードにグリーン系#10の組み合わせが私のお気に入りです。
[PR]

by light_cahill | 2005-04-03 00:12 | flyfishing

今日の風景

d0016085_17233533.jpg

魚沼のライブカメラをチェックしましたが、今年は雪が多いですねえ。雪の多い年は雪代イワナが狙える時期が長くなると言われてるので楽しみですね。今日から、考案中のストリーマーのタイイング始めるぞ!と宣言。最近なにか目標を決めないとタイイングできない自分がなさけない。
写真は最近の八海山方面のライブカメラ映像
[PR]

by light_cahill | 2005-04-01 18:18 | flyfishing

新潟の魚野川も解禁だ!

d0016085_17244583.jpg

4月1日、新潟の魚野川も解禁です。昨年は2月に魚沼の年券を申し込んで、今頃は浮き浮きしてたのを覚えてます。雪もすくなく雪代もさほどでもなく2週目には土手に桜が咲き綺麗だったのを覚えてます。解禁して1ヵ月は雪代イワナが狙えるチャンスで、昨年は4月最終週の5回めの釣行でやっと45cmのイワナを釣ることができましたが、それまでは一日中なんの生命反応すらなく魚いないんじゃないのといらだったり、当たりはあるが針がかりしない!ランディング中にバレル!などボウズが続き、簡単には魚をキャッチできませんでした。川の状態がなんとなくつかめた5月から6月は活性がよく2桁釣れた日もありましたが25から30cmとサイズは小さかったです。
昨年中越地方を襲った地震で、ちょうど通っていた六日町から小出あたりも相当な被害にあっているので、今年はどうしようか迷ってましたが、釣に行って少しでも地元にお金が落ちるなら役立つかなと思い、今年も行こうと計画してます。(写真は昨年の4月17日魚野川から八海山)
[PR]

by light_cahill | 2005-04-01 00:01 | flyfishing